肩こり・腰痛に効く?妊婦さんと授乳中のママに湿布成分インドメタシンが及ぼす影響とは

【妊婦・授乳中ママ】肩こり・腰痛に湿布がダメな真実

知らなかったでは遅すぎる!妊婦・授乳中ママが使ってはいけない湿布成分【インドメタシン】

 

インドメタシン,湿布,授乳,妊婦

 

 

湿布の抗炎症成分「インドメタシン」は、妊婦さんや

 

授乳中のママが使ってはいけない薬のひとつです。

 

インドメタシンには血管を収縮させる成分が入っていて、

 

妊婦が使うと胎児の心臓が止まることがあるようです。

 

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しないことと言われています。

 

調べてみると、妊娠中の投与に関し次のような報告がなされています。

 

 

(1)妊娠末期に投与したところ、胎児循環持続症(PFC)、胎児の動脈管収縮、

 

動脈管開存症、胎児腎不全、胎児腸穿孔、羊水過少症が起きたとの報告がある。

 

また、妊娠末期に投与したところ早期出産した新生児に壊死性腸炎の発生率が

 

高いとの報告、及び消化管穿孔、頭蓋内出血が起きたとの報告がある。

 

 

(2)動物実験(マウス)で催奇形作用が報告されている。

 

(参考..マウス胎児の器官形成期にインドメタシン10mg/kgを単回経口投与、

 

又は7.5mg/kg/日を9日間連続経口投与した催奇形性試験において、

 

外形及び骨格の異常が認められた)。

 

本剤投与中は授乳を中止させること。〔母乳中へ移行することが報告されている。〕

 

 

湿布を貼ったからといって、すぐに悪影響を及ぼすのは考えられないかも

 

しれませんが、どうしても湿布を貼りたいなら、事前に医師・薬剤師さんに

 

相談すべきでしょう。

 

 

それでも、肩こりや腰痛で悩む妊婦さん、授乳中のママは多いことでしょう。

 

 

お腹の大きい妊婦さん、授乳中のママなら

 

赤ちゃんを抱っこしたり、授乳するとどうしても猫背になりがちなので

 

できるだけ、意識して、でも苦痛にならない程度力を抜いて

 

体を反らせるようにして、猫背防止の授乳体勢を

 

とるようにしましょう。

 

 

腰痛は、授乳中のママを悩ますトラブルのひとつでしょう。

 

世間で人気があり、役立つテレビ番組「世界一受けたい授業」を

 

ご覧になって、参考にしてみてください。

 

 

 

 

また、肩こりにはストレッチが効きます。一度試してみてください。

 

 

 

 

肩こりや腰痛になるとぺたぺたと手軽に湿布を貼ってしまいたく

 

なりますが、妊婦さんや授乳中のママは少し気をつけた方が

 

よさそうですね。

 

 

インドメタシン,湿布,授乳,妊婦

【妊婦・授乳中ママ】肩こり・腰痛に湿布がダメな真実関連ページ

母乳育児たっぷり解決策! 授乳のための母乳マッサージ
母乳育児たっぷり解決策! 授乳のための母乳マッサージは必要なのでしょうか?母乳育児に励むママを応援します。母乳育児の悩みをここで紹介するたっぷりな解決策でスッキリさせましょう。母乳育児の疲れを吹き飛ばして、子育て頑張りましょう。
市販頭痛薬を授乳中ママが服用するのはOK?NG?
市販の頭痛薬を授乳中のママが飲んでも大丈夫?母乳育児に励むママを応援します。母乳育児の悩みをここで紹介するたっぷりな解決策でスッキリさせましょう。母乳育児の疲れを吹き飛ばして、子育て頑張りましょう。
母乳育児たっぷり解決策!産後の抜け毛防止に〇〇
産後の抜け毛に困っているママ。産後の抜け毛防止には〇〇が効く!産後の母乳育児に励むママの抜け毛、薄毛の悩み解決を応援します。母乳育児の悩みをここで紹介するたっぷりな解決策でスッキリさせましょう。
母乳育児 乳がんを防ぐ解決法
母乳育児は乳がん予防に効くの?母乳育児に励むママを応援。母乳育児の悩みをここで紹介するたっぷりな解決策でスッキリさせましょう。母乳育児の疲れを吹き飛ばして、子育て頑張りましょう。
母乳育児たっぷり解決策 母乳育児のメリット・デメリット
母乳育児のメリットとデメリットは何?悩みの絶えない母乳育児に励むママを応援します。母乳育児の悩みをここで紹介するたっぷり解決策でスッキリ解消。母乳育児のメリットを活かし、デメリットを補う解決策をどうぞ!

ホーム RSS購読 サイトマップ
女性の悩み解決 母乳育児 バストアップ 白ニキビ 視力回復 男性の悩み解決 M字ハゲ