母乳育児頑張るママ おっぱいマッサージは必要?

母乳育児たっぷり解決策! 授乳のための母乳マッサージ

母乳が溢れだして止まらない?!おっぱいマッサージにチャレンジ

 

母乳,育児,母乳マッサージ

 

母乳,育児,母乳マッサージ

 

 

 

 

最強外来 母乳育児の著者が推奨する

 

完全母乳。

 

この完全母乳育児には、実はメリットがいっぱいなのです。

 

母乳,育児,母乳マッサージ

 

完全母乳育児を目指すなら、

 

大事なおっぱいマッサージはやりましょう。

 

ただし、張りすぎて胸が痛かったり、

 

あまりに熱をもっているなど

 

状態が悪い時は避けた方がいいかもしれません。

 

基本は母乳マッサージをした方がよい

 

でしょう。

 

母乳育児を考えているママさんにとって、

 

ママのおっぱいは、

 

赤ちゃんの大事な栄養を生み出す源です。

 

きちんとメンテナンスしましょう。

 

そのためには、

 

授乳後は、冷えピタなどでおっぱいを冷やして

 

ほてりをとりましょう。

 

運動後の筋肉を労るのと同じです。

 

 

授乳後もしこりがとれず痛みがあるようであれば、

 

母乳を残らず出し切ってしまいましょう。

 

赤ちゃんが吸ってくれる授乳が一番いいのですが、

 

赤ちゃんが飲まないなら搾乳をします。

 

 

母乳,育児,母乳マッサージ

 

 

これらに気をつけた上で、母乳マッサージをするとよいのです。

 

バスト全体と乳首への刺激を与えるマッサージが有効

 

とされています。

 

・ バスト全体のマッサージ

 

バストを両手で、わきの下から持ち上げるよう

 

にして数回マッサージします。

 

片手でバストを支え、もう片方の手で、

 

バストを上から下へ、さらに、わきから乳首に

 

向けて数回さすります。

 

最後に両方のバストを下から支えながら、

 

軽く揺さぶります。

 

優しくするのがコツですが、これをしばらく繰り返します。

 

 

・ 乳首へのマッサージ

 

バストの乳輪の部分を、親指と人さし指で、

 

つまみます。

 

乳首の根元に指で圧力を加え、バストに押しつけるように、

 

力を強めたり弱めたりし、これを繰り返します。

 

乳首はかなりデリケートな部分なので、

 

間違っても傷つけないよう、丁寧に優しくマッサージしましょう。

 

マッサージだけで、母乳の出具合が改善しないのであれば、

 

 

そんな時は、焦らずにマッサージをしたり、

 

一度ママの体を休めるなどして対処しましょう。

 

 

 

最後に、あまり思い詰め過ぎないこと、

 

ストレスを溜めないことも意外と重要です。

 

 

リラックス効果があり、かつ、母乳促進の栄養がある

 

ハーブティー

 

などのママが安らげるモノも利用すると良いかもしれません。

 

 

母乳,育児,母乳マッサージ

母乳育児の解決法 たっぷり母乳を出す栄養を摂ろう!

 

母乳,育児,母乳マッサージ

 

母乳の原料はママの血液です。

 

このママの血液にたっぷりと栄養を行き通らせるのが

 

母乳にたっぷりと栄養を与える源になります。

 

 

血液の素となる「食べ物」が

 

母乳の栄養を左右することは言うまでもありません。

 

 

和食中心の食事をまずは心がけましょう。

 

 

母乳,育児,母乳マッサージ

 

 

主食となるご飯は水分が多く含まれているうえ、

 

他の炭水化物に比べて消化もよく

 

皮下脂肪になりにくい食品です。

 

また、昔から日本人に馴染み深い

 

大豆製品(とうふや納豆、味噌など)には

 

たんぱく質のほか、ビタミンをはじめとする

 

さまざまな栄養素が含まれています。

 

また、栄養素の中で母乳の量や質に

 

もっとも影響するのは脂肪です。

 

なるべくなら植物性のものにしましょう。

 

できないなら、動物性脂肪であれば

 

肉よりも魚を中心にします。

 

白身魚が特にお勧めです。

 

母乳,育児,母乳マッサージ

 

ただし、生食よりも焼いたり、煮たりして

 

火を通したほうがよいでしょう。

 

他にも煮物などに多く使われる

 

根菜類(大根やにんじん、ごぼう、れんこんなど)は

 

母乳の出をたっぷりにしてくれます

 

 

おひたしなどで出される葉物類や海藻類には

 

母乳をサラサラにする効果もあります。

 

さらに、ひじきなど鉄分の多い食物は、産後女性の悩みのひとつである

 

産後の抜け毛防止にも効きます。

 

 

このように食生活を変えると、

 

母乳の出が良くなる解決策につながります。

 

ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

母乳,育児,母乳マッサージ

赤ちゃんが感じる母乳の味はどんなの?ママの食事がそのまま伝わる?

 

ママが食べるものによって母乳の味が全然違います。

 

大人の感じる美味しいとは違うから

 

赤ちゃんが美味しく感じているかどうかはもちろん分からないけど。

 

 

一般的に言われているのは、

 

あっさり和食で、油・糖分・香辛料控えてるママの母乳は、

 

臭みもなくスッキリとした甘みがあるようです。

 

 

だから、この味だと、赤ちゃんも母乳をよく飲むのかもしれません。

 

きっと美味しいことでしょう。

 

 

母乳,育児,母乳マッサージ

 

 

反対に、ママが脂っこいもの多く取ったりしてると

 

サビのようなちょっとピリピリ味がしたり、

 

ドロドロと粘り気があるような感じになります。

 

 

薬を飲んだ後も結構薬品臭い香りが残ってしまうようです。

 

だから、薬関係をママが飲む時は気をつけた方がいいでしょう。

 

 

時々、赤ちゃんががうんうん言いながら飲むことがあったので、

 

ちょっと手にとってなめてみたことがあります。

 

 

そういうときはなんとなく、まずい味がしましたね。

 

それは、やっぱり脂っこいものを食べ過ぎたせいかもしれません。

 

 

母乳,育児,母乳マッサージ

母乳の味が不味くなる?なるべく避けたい 3つの食事

 

母乳,育児,母乳マッサージ

 

 

赤ちゃんにとっておいしい母乳を出すために、

 

ママに気をつけてもらいたい食事を3つ紹介します。

 

次の食べ物にはぜひ気をつけてくださいね。

 

実はNG! 牛乳と乳製品

 

・牛乳

 

・乳製品

 

牛乳や乳製品は、乳腺を詰まらせるので

 

なるべく気をつけてください。

 

赤ちゃんの未熟な消化器には負担になる

 

食材なので、とりすぎには注意します。

 

 

 

やっぱり避けたい肉類、揚げ物 脂っこいもの

 

肉類、サラダ油、甘い物、天ぷら、揚げもの、

 

フライ、スナック菓子、冷凍食品、あげせんべい、

 

など、脂っこいものはなるべく控えましょう。

 

血液がドロドロになるのは、赤ちゃんの母乳のためだけではありません。

 

 

他ならぬ、あなた自身、ママのためでもあります。

 

 

産後のひだちを悪くしたり、育児に忙しいママの体調をくずす様な

 

病気にもつながりかねません。

 

 

 

白砂糖はダメ!洋菓子もなるべく控えて欲しい

 

クッキー、ケーキ、チョコレート、コーヒー用ミルクなど

 

糖分の取り過ぎもよくありません。

 

 

特に白砂糖をたっぷり使っている洋菓子は要注意です。

 

 

どうしてもお菓子が食べたいのであれば、

 

なるべく和菓子にしましょう。

 

 

あんこをを使ったものなら、甘いですが母乳の出を良くするので

 

逆にOKです。

 

 

あんこ餅などもいいのですが、お餅自体は、母乳の出を悪くするので

 

人によっては、避けた方がいいかもしれません。

 

 

母乳,育児,母乳マッサージ

 

母乳の出が悪くなってきたらママに試して欲しい3つの食事

 

母乳,育児,母乳マッサージ

 

 

今まで母乳はたっぷりと出ていた。しかし、今はなぜか母乳の出が悪い。

 

解決策が知りたいなら、まず、

 

ママの食事、生活習慣を変える必要があるのではないでしょうか。

 

 

母乳の分泌は、食事にも大きく影響されています。

 

今まで母乳の出は悪くなかったので、急に出なくなったのは

 

ママの体調不良が原因でなければ、ママの食事・生活習慣を

 

変えてみましょう。

 

 

栄養バランスが悪いことや、摂取カロリー、水分不足が

 

原因となっているかもしれません。

 

 

母乳の分泌を促す食べ物としては何があるでしょうか?

 

 

@ 炭水化物をとるためのご飯、お米

 

 

A タンパク質、カルシウム、鉄、ビタミン類などの栄養素

 

 

これらを野菜中心の和食で摂ります。

 

野菜中心といっても、

 

体を冷やしてしまうサラダではなく、

 

カラダを温めるという事を意識した

 

野菜料理(煮る、焼く)を考えて下さい。

 

 

B ハーブティーやたんぽぽ茶

 

あまり知られていませんが、この2つも役に立ちます。

 

母乳成分が乳腺や乳管でつまりを起こして乳腺炎になると

 

母乳の出が悪くなります。

 

この母乳のつまりをなくしてくれるのが、ハーブティーやたんぽぽ茶になります。

 


 

 

 

 


 

母乳,育児,母乳マッサージ

母乳育児たっぷり解決策! 授乳のための母乳マッサージ関連ページ

市販頭痛薬を授乳中ママが服用するのはOK?NG?
市販の頭痛薬を授乳中のママが飲んでも大丈夫?母乳育児に励むママを応援します。母乳育児の悩みをここで紹介するたっぷりな解決策でスッキリさせましょう。母乳育児の疲れを吹き飛ばして、子育て頑張りましょう。
母乳育児たっぷり解決策!産後の抜け毛防止に〇〇
産後の抜け毛に困っているママ。産後の抜け毛防止には〇〇が効く!産後の母乳育児に励むママの抜け毛、薄毛の悩み解決を応援します。母乳育児の悩みをここで紹介するたっぷりな解決策でスッキリさせましょう。
母乳育児 乳がんを防ぐ解決法
母乳育児は乳がん予防に効くの?母乳育児に励むママを応援。母乳育児の悩みをここで紹介するたっぷりな解決策でスッキリさせましょう。母乳育児の疲れを吹き飛ばして、子育て頑張りましょう。
母乳育児たっぷり解決策 母乳育児のメリット・デメリット
母乳育児のメリットとデメリットは何?悩みの絶えない母乳育児に励むママを応援します。母乳育児の悩みをここで紹介するたっぷり解決策でスッキリ解消。母乳育児のメリットを活かし、デメリットを補う解決策をどうぞ!
【妊婦・授乳中ママ】肩こり・腰痛に湿布がダメな真実
肩こり、腰痛に効く湿布成分のインドメタシン。妊婦さんや授乳中のママには使ってはいけない恐ろしい真実が隠されていました。知らなかったでは、すまされません。

ホーム RSS購読 サイトマップ
女性の悩み解決 母乳育児 バストアップ 白ニキビ 視力回復 男性の悩み解決 M字ハゲ